ニュース

2020年04月01日
英国IR協会は3月27日に新型コロナウイルス禍における効果的なコミュニケーションについて10項目の注意すべきポイント(Tips)を発表
英国IR協会は、2020年3月27日に新型コロナウイルスが蔓延する危機的な時期に、明確で一貫性のある効果的なコミュニケーションを行うための、10項目に及ぶ注意すべきポイント(Tips)をQ4社*1主催のWebセミナーで発表しました。
*1: https://www.q4inc.com/about/default.aspx

弊社は、英国IR協会編纂「IRベストプラクティスガイドライン」の日本語版『PFP2020』の編集を通じて、同協会との関連を深めており、同協会のWebサイトに発表されたTipsを共有し、このような危機的状況下でIRを担当される日本企業の皆さまに向けて、海外のIR関連の専門実務者がどのような考えを持って対応しようとしているかをお伝えします。
※以下は、弊社で簡易的に和訳したものであり、できれば原文をご覧ください。
https://irsociety.org.uk/resources/news/item/top-10-tips-from-our-webinar-communicating-effectively-during-covid-19

同日のWebセミナーは以下のURLでアクセスしたページの「A replay of the webinar is available on the IR Society's website here.」の最後のhereをクリックするとご覧いただけます。
https://irsociety.org.uk/resources/news/item/top-10-tips-from-our-webinar-communicating-effectively-during-covid-19

トップ10項目のTips:

1. 株式市場に対して、常に最新情報を開示する必要があるが、公開する情報は新しく、しかも定性的情報よりも定量的情報に重きをおいて開示する。
2. 業績予想に関する具体的な情報やガイダンスを提供できない場合でも、株主との定期的なコンタクトを維持する。
3. 新型コロナウイルス禍の状況が急速に進んでいるため、すべての関係者間で自社のメッセージの一貫性を確実に保持し、いかなる新しい情報についても、選択的な開示を避ける。
4. すべての企業は、FRC、FCA、PRA*2からの共同声明(2020年3月26日発表)とガイダンスを確認する必要がある。ガイダンスの要約は、以下を参照ください。
https://www.frc.org.uk/medialibraries/FRC/FRC-Image-Library/COVID-19-Inforgraphic-Mar-20.jpg
*2: FRC: Financial Reporting Council、FCA : Financial Conduct Authority 、PRA: Prudential Regulation Authority
5. FRC Financial Reporting Labは、投資における長期主義を推奨するプロジェクトを進めてきたが、最近のイベント(新型コロナウイルス禍)に照らして、投資家の関心は現在、今後の数週間および数か月に集中している。
6. 短期的な投資家は、主に焦点を当てているのは、会社のリソース(現金と流動性)と、会社がそのリソースを管理し、実行可能な状態を維持するための現実的なアクション、そして将来の主要な資産とバリュードライバーをどのように保護するのかということです。
7. 会社負債の満期、流動性、および契約に関する情報へのアクセスが容易、かつ、最新であるかを確認する。例えば、Webサイトの負債に関する記載情報について。
8. 定時株主総会シーズンが近づいているので、企業は定款を確認し、何を行うことが許可されているか注意深く再確認する必要がある。
9. ハイブリッド定時株主総会により、定時株主総会の会場には、最小人数の出席で開催することができる。しかし、これが許可されていない場合は、企業は総会の場所の変更または延期など、他のオプションを検討することもできる。 総会の成立には会場に少なくとも2人の参加を必要とするが、その株主は、従業員であってもかまわない。
10. 我々は、新しい働き方を受け入れており、このことは、この危機から脱出したときに、この間に実行されるテクノロジーと新しい方法によるベストプラクティスをIR活動に統合する機会と言える。例えば、リモートでの業務や仮想ロードショーの効果を手直しすることができる。

このWebセミナーは英国IR協会イベント委員会のClaire Mogford氏の司会で進められた。以下は出席者。
• Emma Burdett氏、パートナー– Maitland / AMOのIR&ガバナンス責任者、およびIR Societyポリシー委員会の委員長
• Karen Greene,Q4 Inc.のIRパートナー
• Helen Parris、G4SのIRディレクター、IR Societyボードメンバー
• Thomas Toomse-Smith 氏、FRCのFinancial Reporting Labプロジェクトディレクター


2020年3月27日公開