翻訳(英文・多言語)

すべてネイティブによる翻訳

ファイブ・シーズの翻訳者はすべて、IRおよびマーケティング分野の翻訳で数多くの経験を有するネイティブスタッフです。英語ネイティブの思考回路で表現された英文だからこそ、ネイティブ読者にとって違和感のない、上質な英文によるツールが実現します。

一般の翻訳会社でよく見受けられる、「日本人による翻訳→ネイティブによるベーシックなチェック」というプロセスとは、スタート地点から大きく異なります。

翻訳の窓口はIR関連の知識が豊富な経験者

ファイブ・シーズの担当者はすべて、和文版も含めIRおよびマーケティング分野のツール制作に長年、携わっています。その知識と経験を基に、ネイティブ翻訳者にお客様からのご依頼案件の内容を踏まえ具体的なディレクションを実施するとともに、翻訳者が手掛けた翻訳文に対してもチェックを行います。それは単に誤訳のあるなしというチェックにとどまらず、例えばIRツールとして好ましい表現か、というレベルまでチェックします。

翻訳文の仕上げに対するサービス

ファイブ・シーズには、翻訳文に対して編集・校閲を行うネイティブエディターがいます。社長メッセージなど特に表現や文章としての品格に注意を要する案件において、表現チェックやブラッシュアップを専門に行います。さらに、統合報告書や会社案内など多くのページから構成されるツールについては、ページの前後で表現や文意、ロジカル的に齟齬がないか、といったチェックも全ページを通して実施します。また、英文では、和文以上に表記やレイアウトなどに関する様式上のルールを守らなければなりません。そういった最終的な仕上げの段階までネイティブエディターがチェックします。

お客様の中には「翻訳英文は和文の鏡」のような意識をお持ちの方がいらっしゃいます。もちろん誤訳など、内容について和文と相違があってはいけません。しかしながら、英文ツールの読者は大半が英語ネイティブの方々です。和文と照らし合わせてお読みになるケースはほとんどありません。その点から見て、翻訳のスタートも仕上げもネイティブが行うというファイブ・シーズの作業プロセスは、よりよい英文ツールの制作にとって重要であると考えます。

☞なお、翻訳ご依頼の大部分を占める英語に加え、中国語などの各種言語についても、ぜひご相談ください。